小説『服従』(ミシェル・ウェルベック)感想 鶏が先か卵が先か?爆笑必至の予言的名書!

 

 

 

2017年5月7日、決選投票の末、新しいフランス大統領に中道で無所属のエマニュエル・マクロン氏が選ばれた。昨今の政治のポピュリズム迎合(アメリカ大統領選~イギリスEU離脱)の流れに一時の歯止めをかける事をフランス国民は選んだ。そういう側面があれども、しかし、「極右政権を選ぶよりは若輩者の方がまだマシ」という理由で投票した者も数多かっただろう事は想像に難くない。

さて、この『服従』である。

 

“小説『服従』(ミシェル・ウェルベック)感想 鶏が先か卵が先か?爆笑必至の予言的名書!” の続きを読む