映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イブニング・サン別冊』感想  まるで宝石箱!?珠玉のオシャレ映画!!

アメリカの新聞「カンザス・イブニング・サン」の別冊雑誌、
「フレンチ・ディスパッチ」は、フランスのアンニュイ=シュール=ブラゼに編集部がある。
一癖も二癖もある編集者をまとめるのは、雑誌を創刊した編集長アーサー・ハウイッツァー・Jr.。彼が亡くなり、その遺言によって、雑誌は廃刊が決定した。
本作は、その最終号に寄稿された記事から抜粋された3つのエピソードである、、、

“映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イブニング・サン別冊』感想  まるで宝石箱!?珠玉のオシャレ映画!!” の続きを読む

映画『ハード・ヒット ー発信制限ー』感想  離席したら、即、死亡!?理不尽さと腰の限界に挑め!?

銀行の支店長であり、副頭取とも昵懇の間柄のソンギュ。二人の子供を車で学校に送り届けようとしていると、電話が鳴った。
グローブボックスから見慣れぬスマホを見つけ、電話に出たソンギュ。相手は「車の座席に爆弾を仕掛けた」「離席すれば爆発する」「警察に連絡しても爆発させる」と言い放つ。半信半疑なソンギュだったが、自分と同じように脅されていた副支店長の車が目の前で爆発してしまった、、、

“映画『ハード・ヒット ー発信制限ー』感想  離席したら、即、死亡!?理不尽さと腰の限界に挑め!?” の続きを読む

映画『バーニング・ダウン 爆裂都市』感想  人は、行動によってのみ、他人に評価される!!

かつて、警察の爆発物処理班にてエース級の活躍をしていたフォン。しかし彼は、勤務中の事故で左足を失ってしまう。
体を鍛え、義足でも問題無く任務が出来ると確信したフォンは現場復帰を希望したが、上層部はこれを却下。怒りも露わに過激に抗議するフォンから、友人や恋人も距離を置くようになり、彼は警察を辞職し、行方をくらます。
数年後、爆弾テロの現場にフォンの姿が見えた、、、

 

 

“映画『バーニング・ダウン 爆裂都市』感想  人は、行動によってのみ、他人に評価される!!” の続きを読む

映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』感想  何が起きてるのか分からんが、なんか色々と凄いぞ!!

かつての親友同士、アルバス・ダンブルドアとゲラート・グリンデルバルト。しかし、過激思想を標榜するグリンデルバルト対し、ダンブルドアは、彼の野望を阻止せんと動いていた。
「血の誓い」により互いを攻撃できない二人。
未来が「見える」グリンデルバルトは謀略を巡らし、それに対抗し、ダンブルドアはニュート・スキャマンダー達、選ばれた精鋭(?)を派遣し、それをかき乱さんとしていた、、、

 

 

“映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』感想  何が起きてるのか分からんが、なんか色々と凄いぞ!!” の続きを読む

映画『ベルファスト』感想  普遍的であるが故に、タイムリーであり、予見的

北アイルランド、ベルファスト。近所の人は、みんな知り合い。平和に楽しく、少年時代を謳歌していた9歳のバディの生活は、1969年8月15日を境に一変する。
プロテスタントの過激派が、町からカトリックを追い出そうと襲撃を仕掛けたのだ、、、

 

 

“映画『ベルファスト』感想  普遍的であるが故に、タイムリーであり、予見的” の続きを読む

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』感想  誰もが見たかった「原作通り」のバイオ映画!!

1998年、ラクーンシティ。
かつては製薬会社のアンブレラ社のホームタウンとして賑わったが、現在は、その施設が殆ど移転され、町は、寂れ果ててしまっていた。
そのラクーンシティの養護施設で育ったクレア・レッドフィールドは、久しぶりに警官の兄にの下に訪れる。
アンブレラ社は、どうやらヤバイものを垂れ流し、住民に健康被害が起こっているという情報を手に入れたからだが、、、

 

 

“映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』感想  誰もが見たかった「原作通り」のバイオ映画!!” の続きを読む

映画『ハウス・オブ・グッチ』感想  豪華キャストでお届けする、お昼のワイドショー!!

父のトラック運送会社に勤めるパトリツィア・レッジャーニ。
彼女は、ある日のパーティーでグッチ創業者の孫、マウリツィオ・グッチに出会う。その日から猛アピールするパトリツィア。遂に彼のハートを射止め、結婚までこぎ着ける。
だが、彼の父親のルドルフォは、パトリツィアを金目当ての売女と思っていた、、、

 

 

“映画『ハウス・オブ・グッチ』感想  豪華キャストでお届けする、お昼のワイドショー!!” の続きを読む