映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』感想  すっごい面白いけれども、もっと大風呂敷を広げられたハズ!?           

世界に恐竜が解き放たれて、4年が経った。
人里離れたシエラネバダ。ヴェロキラプトルの「ブルー」が住み着いたその場所で、オーウェンとクレアは、まるで自分の娘の様にメイジー・ロックウッドを育てていた。反抗期の彼女に手を焼きながらも愛情を注いでいたが、そのメイジーを何者かに拉致される。
一方、アメリカ中西部。巨大イナゴの調査をしているエリー・サトラー博士は、旧友のアラン・グラント博士に協力を仰ぐ、、、

 

 

“映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』感想  すっごい面白いけれども、もっと大風呂敷を広げられたハズ!?           ” の続きを読む

映画『ソー:ラブ&サンダー』感想  好きな人の前では、自分を良く見せようとしてしまうものよ

サノスとの戦いの後、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々と共に宇宙への旅に向かったソー。ダイエットを敢行し、メタボを克服した彼は、無双の強さを誇っていた。
ある日、クルーは救難信号を受信する。数多ある救難信号の中に、ソーは旧友のシフが自らを呼ぶ声を聞く。ガーディアンズと別れ、コーグと共にシフの元へ向かったソーは「神殺し」ゴアの存在を知る、、、

“映画『ソー:ラブ&サンダー』感想  好きな人の前では、自分を良く見せようとしてしまうものよ” の続きを読む

映画『シン・ウルトラマン』感想  特撮とアクション、そしてキャラクターで魅せる完成度の高さ!!

日本に次々と現われる巨大不明生物。政府はそれを「禍威獣(カイジュウ)」と名付け、防災庁を設立。専従班として「禍威獣特設対策室」(通称・禍特対(カトクタイ))を設けた。
そして、禍威獣第7号・ネロンガ出現。電気を食い、透明化する能力に苦戦する禍特対の面々。その時、謎の飛翔体が降着。それは銀色の巨人だった、、、

 

 

“映画『シン・ウルトラマン』感想  特撮とアクション、そしてキャラクターで魅せる完成度の高さ!!” の続きを読む

映画『死刑にいたる病』感想  口の上手い文系悪人!!とにかく、気を付けろ!!

24人の命を奪った連続殺人鬼(シリアルキラー)榛村大和(はりむらやまと)。筧井雅也は中学生時代、榛村のパン屋に通っていた過去があった。
現在大学生の筧井に、その榛村から面会希望の手紙が来た。死刑判決を受けている榛村だが、その犯行の内、9件目の事件は自分が犯人では無いと言うのだ。興味を覚えた筧井は、事件を独自に洗い直すのだが、、、

 

 

“映画『死刑にいたる病』感想  口の上手い文系悪人!!とにかく、気を付けろ!!” の続きを読む

映画『シャドウ・イン・クラウド』感想  絶体絶命、危機また危機の連続!!一級品のB級モンスター映画、ここにアリ!!

第二次世界大戦中、1943年8月、ニュージーランド。基地を飛び立つ間際のBー17大型爆撃機に、モード・ギャレットと名乗る女性の空軍大尉が乗り込んで来た。上官からの密命を帯びた鞄を死守するのが目的と言う彼女に、乗組員達は疑いの目を向ける。
モードは個室となっている鉋台の銃座に押し込められるのだが、彼女はそこで、爆撃機に取り憑いた魔物「グレムリン」と遭遇する、、、

 

“映画『シャドウ・イン・クラウド』感想  絶体絶命、危機また危機の連続!!一級品のB級モンスター映画、ここにアリ!!” の続きを読む

映画『THE BATMAN ーザ・バットマンー』感想  暴力と威嚇と復讐の果てに訪れる世界!!それを越えて行け!!

ブルース・ウェインが「バットマン」としてゴッサムシティで活動して2年が経つ。その間、数字上の重犯罪は減っていたが、しかし、街の治安は一向に改善されていなかった。
そんな状況、市長選の最中、現職の市長が殺される。犯人は、自らを「リドラー」と名乗り、SNSを利用して犯行声明を謳う怪人。ゴッサムの要人を狙った連続殺人の現場に、「To The Batman」という手紙と謎々を残していた、、、

 

 

“映画『THE BATMAN ーザ・バットマンー』感想  暴力と威嚇と復讐の果てに訪れる世界!!それを越えて行け!!” の続きを読む

映画『シラノ』感想  恋愛草食系の末路を見よ!!

詩と戯曲を愛し、軍の連隊に所属するシラノは喧嘩に滅法強く、劇場で気に入らない役者をこき下ろし、決闘にも勝利する。
そんな彼は同郷のロクサーヌに恋をしていたが、自分の容姿を気にし胸の内を言い出せないでいた。
ある日、ロクサーヌに呼び出されるシラノ。それは恋の告白だったが、その相手はクリスチャンという青年に向けたもので、仲を取り持って欲しいという願い事だった、、、

 

 

“映画『シラノ』感想  恋愛草食系の末路を見よ!!” の続きを読む