映画『ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』感想  命懸けの、リアル脱出ゲームの開・催・だ!!

DVでストーカー気質の恋人に悩まされているハーパーは、
せめて、ハロウィンの日だけでもと、ルールメイト達と共に、パーティーを楽しんでいた。
同じ大学に通うネイサンとの会話も弾み、お化け屋敷にでも行ってみようと盛り上がったハーパー達6人。
道から外れた場所に、怪しげなお化け屋敷を偶々見つけた6人。
入り口で免責事項に署名し、携帯電話を預けて中に入るのだが、、、

 

“映画『ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』感想  命懸けの、リアル脱出ゲームの開・催・だ!!” の続きを読む

映画『ミッドサマー』感想  人間関係の断捨離!?恐怖のフェスティバルの開・催・だ!!

妹のテリが、両親を道連れにして自殺した。哀しみの底に沈むダニーだが、恋人のクリスチャンは彼女と別れたがっており、秘密裏に男友達とスウェーデン旅行を計画していた。
しかし、別れるに別れられない関係故、クリスチャンは旅行にダニーを誘ってしまう。
かくして向かう先は、白夜のスウェーデンにて行われる、地方の土着の「夏至祭」だったのだが、、、

 

 

“映画『ミッドサマー』感想  人間関係の断捨離!?恐怖のフェスティバルの開・催・だ!!” の続きを読む

映画『犬鳴村』感想  リアル都市伝説が、恐怖の映画として復活!?むしろ、懐かしくて涙が出る!!

福岡県、某所に存在する、最凶の心霊スポット、犬鳴村。
西田明菜と森田悠真のカップルは、興味本位でその場所に訪れる。しかし、恐怖体験により、明菜は発狂し自殺。怒りと悲しみに震える悠真は、再び犬鳴村を訪れようとしたが、事件のあった夜に通れたハズのトンネルは、入り口がコンクリの壁で塞がれていたのだった、、、

 

“映画『犬鳴村』感想  リアル都市伝説が、恐怖の映画として復活!?むしろ、懐かしくて涙が出る!!” の続きを読む

映画『ペットセマタリー』感想  解っていても、間違うのが人間…

ボストンの喧噪を逃れ、メイン州の田舎に引っ越したクリード一家。隣人のジャドも気の良い老人で、良い引っ越しだと思われた。
そして、長女のエリーは「ペットの葬送」に出会う。彼達は、ペット専用の墓場、「ペットセマタリー」に愛犬を埋葬していたのだ。
ある日、飼い猫のチャーチが轢死してしまう。悲しむエリーの姿を見たくないと、ジャドは、クリード家の父・ルイスを伴い、禁断の地にチャーチを埋葬するのだが、、、

 

“映画『ペットセマタリー』感想  解っていても、間違うのが人間…” の続きを読む

映画『ブライトバーン/恐怖の拡散者』感想  厨二病の親離れ!!

子供が居ない夫婦の下に、突如、天から現われた赤ちゃん…
12年後、ブランドン名付けられたその子は、素直な良い子に育っていた。
しかし、何ものか(?)の呼びかけに呼応するように、ブランドンは反抗期に突入。そして、常人以上の力を見せ始める、、、

 

“映画『ブライトバーン/恐怖の拡散者』感想  厨二病の親離れ!!” の続きを読む

映画『IT/イット THE END ”それ”が見えたら、終わり。』感想  恐怖に立ち向かう武器、それは友情である

あの夏の日から、27年経った。
ビルは小説家として成功し、自身の著作の映画化作品の脚本も手掛けていた。その撮影中、故郷の旧友から電話がかかって来る。
マイクと名乗ったその人物の話を聞いた途端、言いようも知れぬ不安が呼び起こされる。
自分は、過去を忘れていた…生まれ故郷、メイン州デリーで、少年時代の仲間「ルーザーズクラブ」の皆と一緒に、それ(IT)と戦った事を、、、

 

 

“映画『IT/イット THE END ”それ”が見えたら、終わり。』感想  恐怖に立ち向かう武器、それは友情である” の続きを読む

幻想・怪奇小説『ボーダー 二つの世界』ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト(著)感想  此岸と彼岸の境界線を越える時、目醒める絶望と希望!!


税関で働くティーナは、人の不安や欺瞞を「嗅ぎ取る」能力の持ち主。百発百中の検挙率を誇り、世界中からオファーが来るが、現在は地元スウェーデンにて定職に就いていた。
ある日、容貌魁偉、明らかに隠し事をしている男が表われた。しかし、持ち物検査しても、何も出て来なかった。
男を解放したが、その時男はティーナに「また会おう」と言い、キスをする、、、

 

“幻想・怪奇小説『ボーダー 二つの世界』ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト(著)感想  此岸と彼岸の境界線を越える時、目醒める絶望と希望!!” の続きを読む