映画『居眠り磐音』感想  イケメンが、肩肘張らずに悪を成敗!!これが真・ネオ時代劇!?


 

江戸の佐々木道場で目録を受理し、江戸勤番を終え、故郷の豊後関前藩に戻った幼馴染みの板崎磐音、小林琴平、河出慎之輔の三人。慎之輔の妻、そして、磐音の許嫁も、それぞれ琴平の妹。名実共に、義兄弟となる三人だが、国元で、運命の歯車が狂い出す、、、

 

“映画『居眠り磐音』感想  イケメンが、肩肘張らずに悪を成敗!!これが真・ネオ時代劇!?” の続きを読む

映画『キングダム』感想  これぞ、大河ドラマ!!日本映画で、このスケールの感動!!


 

時は紀元前245年。信と漂は奴隷の少年。今の境遇を抜け出すには「剣」しか無いと、天下の大将軍を夢みて二人で修行の日々を過ごしていた。ある日、通りすがりの王都の大臣が二人の立ち会いを目撃、漂は召し上げられる事となる。残された信も、漂に追いつく為に、更なる修行の日々を繰り返していたのだが、、、

 

“映画『キングダム』感想  これぞ、大河ドラマ!!日本映画で、このスケールの感動!!” の続きを読む

映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』感想  孤高にして、清冽、苛烈なプライド!!女王の威厳とはこの事か!?


 

夫のフランス国王フランソワ2世が死去し、メアリーは生国のスコットランドへと帰国した。しかし、スコットランドは宗教改革が進み、彼女の親しむカトリックより、人々はプロテスタントへと改宗していた。しかし、自分こそスコットランド、そして、イングランドの正統な王位継承者と主張するメアリーの言動は、エリザベスのみならず、両国を巻き込んで多くの火種を生む事になる、、、

 

“映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』感想  孤高にして、清冽、苛烈なプライド!!女王の威厳とはこの事か!?” の続きを読む

漫画『拳奴死闘伝セスタス(8巻)』技来静也(著)感想  年に一度のお楽しみ!!俺達のセスタスが今年もやって来た!!

 

 

 

紀元50年。ネロ皇帝の開催した格闘大会、拳闘の部、2回戦第二試合。かつてセスタスとも対戦したポンペイの拳闘士エムデンは、大会本命とも言われる、ギリシアの「四大大会」を制覇したソロンと相対する、、、

 

“漫画『拳奴死闘伝セスタス(8巻)』技来静也(著)感想  年に一度のお楽しみ!!俺達のセスタスが今年もやって来た!!” の続きを読む

映画『散り椿』感想  際立つ「画」の美しさと、想い!!


 

瓜生新兵衛は8年前、藩の不正を訴えたが受け入れられなかった。妻の篠を伴って脱藩したが、未だに刺客に狙われている始末。その新兵衛が、藩へと舞い戻って来た。かつての友、そして、身に覚えのある人間が騒ぎ出す、、、

 

“映画『散り椿』感想  際立つ「画」の美しさと、想い!!” の続きを読む

幻想・怪奇小説『怪談牡丹燈籠・怪談乳房榎』三遊亭円朝(作)感想  

 

 

 

飯島平左衛門にはお露という娘がいた。しかし母が逝去し、妾のお国とそりが合わず、別宅にて暮らす事になる。そんな別宅に、知り合いの山本志丈が美男の萩原新三郎を連れて訪ねて行った。それが、因果の始まりで、、、

 

“幻想・怪奇小説『怪談牡丹燈籠・怪談乳房榎』三遊亭円朝(作)感想  ” の続きを読む

幻想・怪奇小説『真景累ヶ淵』三遊亭円朝(作)感想  怪談噺!?のみならず、エンタメの宝庫!!

 

 

 

旗本の深見新左衛門は、借金の催促に来た宗悦を斬り殺した。
これが因縁の始まり。
深見の家は改易となり、当時乳飲み子だった次男の新吉は、長じて宗悦の娘の豊志賀と深い仲になる。本人達はその事を知る由もなかったのだが、、、

 

“幻想・怪奇小説『真景累ヶ淵』三遊亭円朝(作)感想  怪談噺!?のみならず、エンタメの宝庫!!” の続きを読む