映画『AI崩壊』感想  崩壊するのは、AIか?社会か?倫理か?

桐生浩介は、妻の望のがんの治療を目指し、医療システムAIを完成させた。しかし、国の許認可が降りずに、そのAIを使用せず、望は亡くなってしまう。
失意の元、日本を離れた桐生だったが、義弟の西村悟の尽力もあり、AI「のぞみ」は社会に広く認められ、今や国民の生活に欠かせないモノとなっていた。
功績が認められ、総理大臣賞の授与が打診、日本に娘と共に帰国した桐生だったが、そのタイミングでAIが暴走。桐生が犯人だと疑われ、追われる身となるが、、、

 

“映画『AI崩壊』感想  崩壊するのは、AIか?社会か?倫理か?” の続きを読む

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』感想  夢の勝利とは、現実での敗北!?

CM監督として名を馳せているトビー。現在、スペインまで訪れてドン・キホーテを題材にした撮影をしているが、行き詰まってしまった。
しかし、ふとした事から、自分が学生時代に当地で自主制作した「ドン・キホーテを殺した男」という作品のDVDを発見。
気分転換がてら、トビーは当時のキャストに会いに行くのだが、、、

 

“映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』感想  夢の勝利とは、現実での敗北!?” の続きを読む

映画『キャッツ』感想  これが、リアルタケモトピアノ!?ケモナーは初めてか?力抜けよ!?

ロンドンの片隅、ヴィクトリアは捨てられた。
しかしその日は、年に一度の特別な夜。
特別に選ばれた一匹のみが、天に昇る事が許され、新しい人生を歩めるのだ、、、

 

“映画『キャッツ』感想  これが、リアルタケモトピアノ!?ケモナーは初めてか?力抜けよ!?” の続きを読む

映画『ジョジョ・ラビット』感想  少年は、臆病者(ウサギ)故に、優しさを知る

ジョジョの空想上の友人は、ヒトラー!10歳のジョジョは、ナチスに心酔する少年だった。
しかし、少年兵を訓練する合宿にて、ジョジョはウサギを殺せずに、臆病者と馬鹿にされる。キレたジョジョは、手榴弾の訓練中に突貫、爆発に巻き込まれて負傷してしまった。
命は取り留めたが、顔は傷付き、足を引きずるジョジョ。リハビリがてら、ナチ党の丁稚奉公を務めていた、そんなある日、死んだ姉の部屋から物音が聞こえてきて、、、

 

“映画『ジョジョ・ラビット』感想  少年は、臆病者(ウサギ)故に、優しさを知る” の続きを読む

映画『リチャード・ジュエル』感想  弱き者よ、理不尽な権力に屈する事なかれ!!

1996年、オリンピック開催中のアトランタの記念公園で行われていた音楽ライブにて、テロが発生した。
その爆弾が入ったバッグを発見し、被害を最小限に抑えた警備員のリチャード・ジュエルは、一躍、英雄としてもてはやされていた。
しかし、地元アトランタ紙にて、FBIが容疑者として捜査しているという報道が流れた事で、一転、犯人であるかの如くに扱われ始める、、、

 

“映画『リチャード・ジュエル』感想  弱き者よ、理不尽な権力に屈する事なかれ!!” の続きを読む

映画『ペットセマタリー』感想  解っていても、間違うのが人間…

ボストンの喧噪を逃れ、メイン州の田舎に引っ越したクリード一家。隣人のジャドも気の良い老人で、良い引っ越しだと思われた。
そして、長女のエリーは「ペットの葬送」に出会う。彼達は、ペット専用の墓場、「ペットセマタリー」に愛犬を埋葬していたのだ。
ある日、飼い猫のチャーチが轢死してしまう。悲しむエリーの姿を見たくないと、ジャドは、クリード家の父・ルイスを伴い、禁断の地にチャーチを埋葬するのだが、、、

 

“映画『ペットセマタリー』感想  解っていても、間違うのが人間…” の続きを読む

2019年映画ベストテン!!

さて、本来ならば、
去年末に合わせて公開したかった、
この、映画ベストテン!

遅ればせながら、
私の個人的な好みのランキングを発表してみたいと思います。

さて、
2018年は、過去最高クラス、中々のラインナップでしたが、

2019年は、
全体的に、それ以上の面白さだったと言えます。

いやぁ、
改めて考えると、
映画って、日進月歩の進化を遂げているのですね。

 

“2019年映画ベストテン!!” の続きを読む